top of page
検索

【地銀就活生向け】稼げなくなった地銀の変革~アフターコロナ・金融庁の変化~

更新日:3月13日









この記事の要約



地方銀行は厳しい状況にあります。






プライベートバンク型や投資銀行型に頼りつつ、金融庁の改革やフィンテックへの対応が求められています。






再編が進みつつも、合併は難しく、地銀は地域社会に貢献するアイデアを模索しています。






金融庁は新しいビジョンを提示し、サービス向上と地域経済活性化を促進中です。






フィンテックは外部協力が必要で、地銀は顧客ファーストのサービス提供に注力しています。






金融庁の改革には課題もあり、業界は未来への対応を模索する中で、各地銀行は地域に根ざした戦略を構築し、活気ある地域社会の形成に向けて取り組んでいます。
















都会の景色、夜のビル街と道路
都会の景色、夜のビル街と道路









今後の地銀







確かに、お金を大規模に投資できない地方銀行が選択肢として持てる手段は限られています。その中で、主なアプローチは以下の2つです。






地方銀行が選べる1つ目の手段は、プライベートバンク型のアプローチです。






このスタイルでは、地域内の裕福な顧客に対して、資産運用のアドバイスを提供します。






これには、金融の専門家や税金に詳しいアドバイザーを配置し、個々の顧客に対して戦略的な資産運用プランを提案することが求められます。






地方銀行は、地元経済に貢献しつつ、お金持ち層の資産運用をサポートすることで収益を上げることが期待されます。






もう1つの手段は、投資銀行型のアプローチです。






これは、企業が資金調達や事業計画に支援が必要な際に関与します。






地方銀行が企業の成長戦略や国際展開をサポートする役割を果たすことが想定されます。






ただし、これは一般的に高度な専門知識とリソースが必要なため、地方銀行にとっては現実的な選択肢ではありません。





そのため、多くの地方銀行は主に地域内でのサービス提供に焦点を当て、特定の業界や分野で得意を築く方針が一般的です。






地方銀行が国際的なビジネスを拡大するためには、地域や業界に特有の得意分野を見つけ、そこに特化したサービスを提供することが求められます。






適切な専門知識とリソースを備えることで、地方銀行もプライベートバンク型や特定の投資銀行業務を展開し、競争力を保ちつつ成長することが可能です。











プライベートバンクで必要な能力



プライベートバンクの成功には、お客様の夢や目標を確実に実現させる力が必要です。






まるで魔法をかけるような感覚で、非常に緻密で効果的なサポートが求められます。






金銭的な側面だけでなく、人生のあらゆる局面において確かな寄り添いと知識が求められます。






投資の機会や税制上のメリットなども、非常に専門的かつ的確に伝えるスキルが求められ、それができればお客様からの信頼を確立し、頼りにされる存在になることができます。











傘をさす3人の男、黒いスーツと黒い傘
傘をさす3人の男、黒いスーツと黒い傘







地銀の苦境




地方の銀行は現在、「お金を貸しにくい」「利益がわずか」「利回りも振るわない」という三重苦に苦しんでいます。






日銀のデータを見ると、過去10年で企業向けの貸し出しは9%、個人向けは19%も増加しているのに、収益が減少している原因は金利の差が急激に縮まっているためです。






日銀がマイナス金利政策を導入して以来、「お金を貸しても利益が上がらない」状況が続いています。






また、金利が低いため国債などでの収益も難しくなっています。







このため、銀行はさまざまな戦略を考えており、不動産に積極的に融資する一方で、投資信託や保険において手数料を上げる方向にシフトしています。






しかし、どの方向に進むかによって、焦点を当てる分野も変わってきます。






メガバンクは海外でのチャンスを模索していますが、世界中で金利が低いため、そちらも容易ではないようです。






本当に、銀行業界も大変な時期を迎えているようですね。











地銀の再編







金融危機から20年が経過し、銀行業界は大きく変化し、以前のような金を集めて大盤振る舞いする時代ではなくなりました。






地方の銀行や信用金庫も、急速なテクノロジーの進化や価値観の変化に四苦八苦しています。現在、人員削減が進み、借り手も慎重な態度をとっています。






この厳しい状況に対応するため、「再編アラーム!」という声が広がっています。再編を検討していないトップはほぼ例外的と言えるでしょう。










2016年ごろまでは、異なる県の大手銀行同士が連携したり、地銀が都市部の小規模銀行と提携する傾向がありましたが、最近では同じ県内の銀行同士の統合が増えています。







ただし、同じエリアの銀行が合併すると、効率は向上する一方で、競合との提携に対する緊張感やリストラの進行などが現実的な課題となっています。







再編ラッシュが続いているものの、限界を感じさせるサインも見受けられます。









しかし、地方銀行の合併は容易ではなく、新しいビジネスモデルやアイデアの確立には時間がかかり、社内の混乱やリスクも懸念されます。






そのため、合併よりも独自の進化や新しいアイデアを模索する方が有益であると言えます。






コロナ禍において、銀行業界は「地元愛あふれる銀行」かそうでないかの差が浮き彫りになりました。







一部の銀行はノルマ達成のために積極的な営業活動を行っていますが、同時に融資後のサポートを真剣に検討しているところもあります。






コロナ禍を契機に、地元を支える存在として信頼される銀行が重要視されています。






信用金庫や信用組合など、地元を守る存在が減少している地域もあり、これからの課題となっています。






地方銀行やコミュニティバンクが、今後どのように進化していくかが注目されています。












晴れた日の都会の景色、ビル群
晴れた日の都会の景色、ビル群






金融庁による地銀の改革








金融庁は新しい長官、森さんのもとで大きな変革を遂げようとしています。






森さんはコロナとの戦いとともに、新しい世界を創り、日本の金融市場をより魅力的にする夢を抱いています。






働き方の変革にも取り組み、よりスマートな仕事の方法を模索しています。






この新時代においては、従来とは異なる金融の舵取りが求められており、特に地方の銀行の役割が焦点とされています。





大手地銀は地域経済を支え、二番手の銀行は中小企業を活性化させ、信金信組は地元に根差した活動を展開することが重要視されています。






地方の金融は大きなエコシステムの一部として、それぞれが役割を果たし、イキイキとした地域社会を築くことが期待されています。






金融庁は「三方良し」の原則を重視し、「買う人ハッピー、売る人ハッピー、世間もハッピー」を大事にするよう促しています。






森さんの指導のもとで、金融業界に新風を吹き込むために、金融庁はビジョンを示し、金融機関に向けてガイドラインを提示し、データを用いて地域経済の盛り上がりをチェックし、自己評価と改善に取り組む3つのポイントで「森改革」を進めています。






金融庁は、「もっといいサービスを目指して!」「地域経済を盛り上げよう!」というメッセージを通じて、金融業界全体を前向きに変革していると言えます。





これからの金融界には期待が寄せられており、金融庁の「みんなで一緒に金融業界をカッコよくしよう!」という前向きなアプローチが楽しみな展望となっています。









地銀の課題




地方の銀行が厳しい状況に立たされているのは、人員が次第に減少し、融資先が見つかりにくくなっているからです。





多くの人が口を揃えて「896の町がなくなるかもしれない」と危機感を示しています。





海外でのチャンスも限られ、かつてのように安全な領域での事業展開も難しくなりました。






長らく「お金貸すの怖いから、ちゃんと保証しろ」というスタンスが続き、これが地元の企業に影響を与え、融資先が減少している悪循環が生じています。






金融庁はこの状況に危機感を抱き、「そんなんじゃダメだよ!」と、地方の銀行がもっと地域社会の発展に貢献するために力を発揮するよう促しています。






金融機関は再び地元に活力をもたらすヒーローとなる必要があるとのメッセージが込められています。






低金利の影響で銀行が収益を上げにくくなり、「窓口で保険売りましょう!」という新たな試みが始まりましたが、これが問題視されています。





銀行が自身のブランドでお客さんにあまりお得でない商品を押し付ける様子に、金融庁の森さんが憤りを表明しました。





お客さんのハピネスが最優先でなければならないとのスタンスが示され、手数料や商品の説明が適切でない場合は問題となっています。






一部の銀行は金融庁の方針に反発しているようですが、お客さんの信頼を築くことが重要で

あり、そのためにはウィンウィンの関係を構築することが求められています。






現在、地方の銀行は人口減少や融資不足といった課題に直面しており、再編の動きが活発化しています。








フィンテックと地銀







最近、フィンテックが非常に注目を集め、銀行業界も大いに活気づいています。





新しい会社が登場し、便利で安価な金融サービスを提供する傾向があり、これに触発された日本の銀行たちも積極的に動き出しています。





ふくおかフィナンシャルグループは特に、スマホアプリ「Wallet +」を通じてお金の管理が簡単にでき、広告収入を得る新しいサービスを展開しています。






ただし、自力でフィンテックを始めることが難しい地銀も多いため、外部との協力やコラボレーションが増えています。





例えば、横浜銀行は住信SBIネット銀行と提携し、超お得な送金システムを計画しています。





しかし、銀行が成功するためにはお客様のニーズを正確に把握し、最新技術を取り入れる「目利き力」が不可欠です。






金融庁のトップである森さんは、「リスクを取りつつも収益を上げ、自らの資本を守るスタイルが必要だ」と語っています。





これまでの金融業界は資本を重視しすぎていたため、新たなビジネスチャンスを逃してしまう可能性があるとの指摘もあります。





また、金融庁の「金融検査マニュアル」にも注目が集まり、これを変える動きが進んでいます。





このマニュアルはイノベーションを妨げる要因とされ、見直しの対象とされています。







金融庁自体も変革が求められており、未来を見据えた導き方が求められています。





ただし、この大変革に対しては反発も多く、公務員の給与に関する不満や混乱も見受けられます。




しかし、銀行がカッコよくなることよりも、暮らしを豊かにするサービスが提供されることが一番重要であるとの意識が共有されています。






金融庁は現在、大きな課題に立ち向かっています。









もっと地銀を詳しく知りたい方へ






閲覧数:4回0件のコメント

Commentaires


bottom of page